お問い合わせ TEL.045-833-9838

お知らせ

港南台こだわりの手焼きクレープ

当店の隠れた人気商品、王様のまくら.

一枚ずつ手焼きの自家製クレープでお作りしています。

今回はその作りをご覧ください。

このフライパンは使い始めて29年間。開店当初から使用しています。 今回はベテランの小室君に焼いてもらいます。

 

写真 2016-06-08 12 01 09

最初に加熱して剥がれやすくします。

写真 2016-06-08 11 34 17

砂糖、小麦粉、プレミアム米粉を計量します。

写真 2016-06-08 11 51 34

卵は1個1個品質を確認しながら割入れます。

写真 2016-06-08 11 55 34

牛乳を加えます。

写真 2016-06-08 11 59 00

全て加えて濾します。こうすると赤ちゃんのほっぺのようなきめ細かく柔らかかい生地が焼き上がります。

写真 2016-06-08 12 04 35

いよいよクレープ焼の始まりです。

写真 2016-06-08 12 04 39

まんべんなく均一の厚さになる様にプライパンを回します。

写真 2016-06-08 12 04 46

火加減も重要です。

写真 2016-06-08 12 10 31

いつも2個のフライパンを使い焼き上げます。 時間との戦いです。

写真 2016-06-08 12 10 47

ぷくぷくして来たら裏返しの準備です。

写真 2016-06-08 12 30 46

とても暑いですが、我慢、我慢!

写真 2016-06-08 12 12 14

裏はさっと焼きます。

写真 2016-06-08 12 14 53

焼き上がったら紙を敷きます。

写真 2016-06-08 12 36 12

テーブルの上でひっくり返します。

写真 2016-06-08 12 36 14

これで焼き上がりです。

写真 2016-06-08 12 20 07

途中でフライパンが熱くなりすぎると生地がこびり付いてしまいます。 この様に氷水で冷たくしたダスターを下の敷いて温度を下げる作業も加わります。夏は良いのですが冬は震える寒さ!

 

この様に細心の注意を払いながら丁寧にお作りしています。1度お召し上がり頂くと隠れた人気の秘密がわかっていただけると思います。

季節により中が変わります。色々な味をお楽しみください。