お問い合わせ TEL.045-833-9838

お知らせ

港南台こだわりのチェリーボンボン漬け。

冬から作り始めるチェリーボンボンの漬け込みが終わりました。

今回は作業の一部をご覧ください。

チェリー仕込2016

果物屋さんにお願いした旬の山形産の佐藤錦を使用しています。

チェリー仕込2016

綺麗に洗浄してざっと水分を取ります。

チェリーボンボン2016-06-24_02

その後一粒一粒先端の枝に付いているこぶを切り落とします。 (たいへんな作業ですが、このまま漬け込むとここから渋みが出ると教わりました。)

チェリーボンボン2016-06-24_04

次に50度以上の強いスピリッツブランデーを注ぎます。 (度数の弱い洋酒を使用すると濁ってしまいます。)

これで仕込みは終了です。

半年以上倉庫で眠らせます。

12月以降、製品になって登場します。

チェリーボンボンのお好きな方、12月を楽しみにお待ちください。

チェリーボンボンの制作はこちらをご覧ください